グラビア印刷

凹版を使用し、版の凹部分に入ったインキを段ボールライナーの表面へ直接転写するグラビア印刷では、優れた調色技術でお客様のニーズに合わせた色を必要な分だけ再現でき、又ベタ印刷・柄印刷をベースに、ベタ+柄印刷や印刷表面へのOPニス加工・エンボス加工を行なうことができます。

ココが違う!ベタ印刷

ベタ印刷ベタ印刷

均一の深さに彫刻された凹版を使用し、白や茶の段ボールライナーの表面へインキを転写することにより、ムラのないベタ印刷が再現できます。ベースライナーや印刷色によっては同じ色をライン上で2回印刷することで、より深みのある印刷色を再現することができます。

柄印刷

柄印刷柄印刷
柄印刷柄印刷

異なる深さに彫刻された凹版を使用し、インキの塗布量の違いにより様々な柄を再現することができ、ベースとなるライナーにカラーライナーを使用したり、ベタ印刷した後に柄印刷を施すこともできるため、様々なバリエーションの柄印刷が可能になります。また、自社版を使用する場合だけではなく、お客様のニーズに合わせた柄版を作成・印刷することができます。

表面加工

表面加工表面加工表面加工

印刷後、耐摩性アップの為のOPニス加工やエンボス加工(絹目格子・梨地・あられ)を施すことができます。

ページトップ